引き出物とは

引き出物というものは、結婚式に参列いただいた方々に感謝を込めて配られる贈呈品のことで、結婚祝いへの返礼を兼ねていることがほとんどです。
言葉の由来は、馬を庭先に引き出したことといわれており、日本では古くから習慣となっています。
一般的な家庭の結婚式において以前は、結婚披露宴の料理の一部を披露宴出席者の家族へのお土産として持ち帰ってもらうものでしたが、バブル期以降結婚式に掛ける費用も増え、披露宴の記念品という意味合いが強くなっています。
上記で結婚祝いの返礼を兼ねているとしていますが、祝い金の金額に関係なく出席者に一律に配られるのが通例となっています。

引き出物の内容としては、依然は出された料理を折詰にしたり、生菓子(ケーキ)であったりとしたのですが、現在は食品衛生上ほとんどの式場では制限を設けており、食中毒の恐れのある食物の持帰りを禁じたり、菓子類は焼き菓子などで対応しているようです。
食品以外には3~4品の物品であることが多く、表書きに「寿」の文字を入れ、「結び切り」の様式で水引(紅白もしくは金銀)を掛け、両家の姓や名前を記します。
以前は重いものや量のあるものが喜ばれていましたが、現在では式を終えてからの移動が困難であるため、嫌われる傾向にあり、その場で受取るのではなく、贈られる側に選択権があるカタログギフトが人気となっています。
贈答品は人によっては感謝する物が変わってきます。
その場では味気ないと感じる人もいますが、より多くの人のニーズに応えるという点ではカタログは優れているといえるでしょう。

Copyright © 2014 引き出物をオーダーする!? All Rights Reserved.